時代はエコ!メリット豊富な太陽光発電

太陽光発電機にメンテナンスについて

太陽光発電機を一度設置してしまえば、あとは太陽の光で自動で発電してくれ、毎月の光熱費も助かります。では設置したあとはどうすればいいのでしょうか。太陽光発電機にメンテナンスは必要なのでしょうか。
今現在の太陽光発電機の耐用年数は一般に20年以上といわれています。そしてメンテナンスフリーだとも言われています。しかしそれはあくまで他の発電機と比較してのことで、メンテナンスフリー=何もしなくていいというわけではありません。実際、20年もの長い使用年数の間には、故障して部品交換や修理が必要になる場合ももちろんあります。ただ、もしかすると何も手をかけずとも問題なく使い続けられる可能性も確かにあります。しかし運良く故障が起こらなかったとしても、長年ホコリや雨風やにさらされ続けることでパネル部分には汚れが溜まっていきます。パネルの汚れは発電効率の低下につながります。パネルの汚れに5%からよってひどい場合だと10%近くも発電効率は下がってしまいます。
太陽光発電機の能力を最大限発揮させることによって最大限の光熱費の節約効果を得ることができます。安定した発電量を維持するためには定期的なメンテナンスは必須です。信頼できる専門業者に依頼し定期的に点検、メンテナンスを行うことで、故障にも初期の段階で気付くことができ、汚れや部品の劣化などによる発電効率の低下に対処することができるのです。

人気の太陽光発電はどんなメリットがあるか

現在、エコ生活を実現できる新築物件が増えており、太陽光発電の設置やオール電化の設備が整えられている物件を見かけることがあります。電気代の節約が実現できると話題の太陽光発電について、関心が高い方も少なくないでしょう。条件が合えば既存の住宅に設置することも可能ですから、光熱費の削減や気になる売電を考えて検討してみるのも良いです。
では実際に太陽光発電を設置すると、どんなメリットがあるのでしょうか。主なメリットをあげると、まず自然の太陽の光を利用して電気を作るシステムなので、その電気を毎日使っている消費分にあてることが可能で、直接的に電気代の節約になります。太陽の状態が関係してくるため、天候や時間帯が関係してきますが、トータル的に見て節約が可能です。ガスではなく電気のコンロに変えれば、ガス代の節約にもなります。
そして、もし作った電気が余った場合は、電気会社に売電することも可能です。この場合は収入になりますから、多少なりとも家計が助かるメリットがあります。どれくらい売電できるかは、環境や電気の使用量によって差があります。また天候が影響するため、季節などによっても差があるでしょう。以上の2点が、太陽光発電の最も大きなメリットになっています。太陽光発電を設置する場合は、専門業者に依頼して行いますが、各社で費用や設備内容に差がありますので、じっくり比較して選ぶようにしましょう。

new posts

天候が悪くても太陽光発電は利用できます

太陽光発電をしよう!雨やくもりの日に発電量はどうなるか 太陽光発電は太陽光を利用して発電する方法です。では、晴れの日でないときはどうでしょう。雨が降っていたり雲が太陽を覆っていた…

太陽光発電で電気代を削減

太陽光発電で光熱費を削減するという考え方 原子力や火力などに頼らない発電方法として、自然エネルギーによる発電方法に注目が集まっていますが、家庭でも発電可能なエネルギーと言えば太陽…

new information

TOP