天候が悪くても太陽光発電は利用できます

太陽光発電をしよう!雨やくもりの日に発電量はどうなるか

太陽光発電は太陽光を利用して発電する方法です。では、晴れの日でないときはどうでしょう。雨が降っていたり雲が太陽を覆っていたするときに発電量は落ちるのでしょうか。ここでは、雨やくもりの日に太陽光発電は効果があるのかどうかをご紹介します。
雨やくもりの日は雲が日光を遮ってしまうため、設置した発電パネルが受ける太陽光は弱くなってしまいます。しかし、いくら太陽光が弱くなったとはいっても、夜のような暗さになるわけではありません。つまり、少しではありますが太陽光発電は可能であるということです。ただ、やはり発電パネルが受ける太陽光が弱いので、発電量もそれに比例して少なくなります。だいたい晴れの日の10%以下まで低下するといわれているので、雨やくもりの日に電気代の節約は難しいでしょう。
太陽光発電は、陽が出ていない日に効果が薄いということが分かりました。しかし、雨やくもりの日でも高い発電量を誇る業者も存在します。さらに、晴れの日でなくても地上に降り注ぐ赤外線を利用した発電パネルも研究されているようです。もしかすると、近い将来で雨も曇りも関係のない太陽光発電ができるようになるかもしれません。太陽光発電にご興味を持った方は、ぜひ専門業者に依頼してみてください。

太陽光発電で電気代の節約は可能か

日々の電気代の負担はかなり大きいです。そんな電気代を節約するため、太陽光発電にしようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に太陽光発電による節電はできるのでしょうか。ここでは、太陽光発電による電気代の節約は効果があるのか否かをご紹介していきます。
太陽光発電といわれると、屋根のうえに発電用のパネルを設置しているイメージだと思います。屋根以外にも空き地などがあれば、その土地に敷き詰めるように設置することもあります。発電用のパネルを設置して太陽光発電が行えるようになると、日中の間、太陽光発電により自家発電をした電力を使用するため、電気代が節約できます。また、余剰電力がでた場合に、電力会社に余剰電力を売却することもできます。
このように太陽光発電で電気代の節約はできますが、いざ太陽光発電を始めるときには初期費用として発電パネルの設置が必要になります。さらにそれら設備の維持費もかかるため、どの専門業者に依頼すればいいか慎重に進めるべきでしょう。
電力自由化によって太陽光発電を目玉にしている業者は数多くいます。これを機に、太陽光発電による電気代の節約を考えてみてはいかがでしょうか。

new information