太陽光発電で電気代を削減

太陽光発電で光熱費を削減するという考え方

原子力や火力などに頼らない発電方法として、自然エネルギーによる発電方法に注目が集まっていますが、家庭でも発電可能なエネルギーと言えば太陽光発電です。太陽光発電は主に屋根の上に太陽光パネルを設置することで家庭用の電力を発電する方法で、発電した分だけ電気代を安く済ませることが可能になります。また発電の際に余った電力に関しては所管の電力会社に売ることもできるため、発電した電力を無駄なく活用できるシステムとなっているのです。
さらにより発電による効果を高めようと最近ではガスを使わないオール電化を導入する家庭も増えています。基本的には設置にかかる費用を太陽光発電による光熱費の削減と売電によって回収していくことでお得になるという考え方で、長期にわたる資金計画のもと少しずつ回収していくことになります。
太陽光発電は季節や天候、日当たりが発電量に関係してくるため、設置にかかる初期費用と発電することで得られる利益を勘案してどれぐらいで元がとれるのかを計算したうえで設置する必要があります。専門業者に依頼することで、設置工事の前に家庭に合わせた発電可能な電力量の試算なども行なってくれるため、まずは相談してみることが大切です。

蓄電システムも設置するなら専門業者に依頼!

太陽光発電は、太陽光パネルの設置で電力発電は可能なものの、それだけではタイムリーな消費にしか対応できません。そのため、発電した電力を売電するといったことになるものの、年々買取金額は減少傾向にあります。欧米に比べ、買取金額は高いものの、再生可能エネルギーの買取額は欧米の水準が最終目標とされています。
そのため、太陽光発電で得られた電力は売電収入を得るよりも、自家消費する方がコストパフォーマンスは良くなります。しかし、太陽光発電システムだけでは蓄電はできず、自家消費は困難です。蓄電池は製品として販売されているものの、未だ導入コストは高いものです。
しかし、専門業者に依頼することで安価な蓄電システムの導入が可能なことがあります。自家消費する分だけを設計計算し、安価な蓄電池に蓄えるといった提案を受けることが可能です。蓄電できない分については、売電により収入を得ることができ、電力会社からの電力購入に頼らず、効果的に電気料金の節約が可能になります。もし、コストを抑えて電気料金を節約したいという場合、自社で発電から蓄電までシステムを販売する専門業者に依頼して太陽光発電システムを導入してみては如何でしょうか。

new information